×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

それいけ僕らのオトナ探偵団



オトナと呼ばれる年になって数年が経った、ある寒い冬の日
ぼくのもとに一通の手紙が届いた。

差出人は小学校の頃のクラスメイト。
手紙には、記号がずらずらと並んでいた。

○○○○●
○●●
○○○○○○○●●●
○○●
○○○○○○●●●
○○○●●●●
○○○○○○○○○●●●
○●
○○●●●●
○○○○○○○○●●●
○●●●

×月××日××時


見覚えのある記号の並び。
そうだ、これはクラスメイトと共に作っていた「少年探偵団」でつくった暗号だ。
手紙の差出人の彼こそぼく達の「少年探偵団」のリーダーだった。

「タイムカプセル…あけよう…?」

同窓会気分で、ぼくはむかし埋めたタイムカプセルを開けに行くことにした。
しかし、それは恐ろしいナゾと陰謀の始まりだった。